港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

  • 日本酒
  • 見学

森戸酒造もりとしゅぞう

栃木県矢板市東泉645

お酒を見る

森戸酒造

森戸酒造株式会社

森戸酒造 酒蔵

伝統の地酒を守る〜杜氏のこと〜

創業明治七年、「十一屋」の屋号で酒を造り続け140余年。
「十一屋」の屋号の通り「一」甘からず、「十」辛からず、 飲み飽きしない「旨口酒」を求め、酒造りを続けてきました。

蔵の周辺は、今でも昔ながらの広々とした田園風景が見られます。
この自然環境に恵まれた矢板市東泉の小さな酒蔵で、当主である代表自身が杜氏(酒造りの最高責任者)として、昔ながらの手造りの良い部分を受け継ぎ・守りながらも、新しい技術にも挑戦したい思いから、天然吟香酵母や扁平精米等の最新技術にも取り組んでいます。

伝統技術と最新技術の良い部分をうまくミックスさせることでできる、当酒蔵らしいオリジナルの酒、そして守り続けている伝統の酒。

ただひたすら、日々酒造りに励んでいます。



森戸酒造の特徴

森戸酒造 酒蔵飾り付け

森戸酒造 自然風景

稲

森戸酒造 仕込み風景

屋号「十一屋」の通り(一)甘からず(十)辛からず、飲み飽きしない「うま口」の地酒を追い求めて・・

明治7年、「十一屋」の屋号で創業。
数々の名水をはぐくむ那須連山・高原山のふもと矢板市東泉にて代々酒造りを続けています。

屋号(十一屋)のとおり(一)甘からず(十)辛からず、飲み飽きしない旨口な品質本位の酒をモットーにしています。

秋には稲が実り、春には蛙が鳴き夏には蛍が舞う田園風景の中、米作りから拘りながらも、歴史と伝統に縛られることなく挑戦を続ける酒蔵です。

杜氏として昔から守るべき技術を守り、最新技術からも目をそらさずにしっかり向き合い、日々ひたむきに酒造りに取り組んでいます。

日本酒造りに最適な自然環境

森戸酒造は氏家税務署管内の最北端に位置しています。

風光明媚1,795mの高原山(たかはらやま)を背に仰ぎ、酒造期が終了する4月になると蛙の鳴き声が合唱のように聞こえ、初夏には「ホタル」が舞い遊び、汲めども尽きぬ清冽で豊富な伏流水と、実に自然環境に恵まれた日本酒を造るには最適の地で清酒「十一正宗」「たかはら」「尚仁沢」を醸造しています。

蔵元のこだわり

  • 酒造りに最適な米

    酒蔵の周辺は広々とした田園風景。
    その一部に十一正宗・たかはら酒造米栽培田があります。

    栽培するのは栃木県の代表的酒米「五百万石」他。

    森戸酒造 酒造米栽培田

  • 酒造りに最適な水

    全国名水百選「尚仁沢湧水」の水源をもつ高原山のふもと、豊富で尽きない伏流水。

    夏にはホタルが舞う美しい水と自然が豊富な田園地域。

    岩清水

  • 伝統の地酒を守る人の手

    人の手をかけること。手から感じること、手から伝え生み出すこと。地元で生まれた「人の手」・・・・

    森戸酒造 仕込み風景

お酒紹介

森戸酒造のお酒の一部を紹介します。

  • 森戸酒造 特醸酒 サムライ 720ml

    特醸酒 サムライ 720ml

  • 森戸酒造 純米酒「純矢板」 720ml

    純米酒「純矢板」 720ml

  • 森戸酒造 純米酒「つつじ」 300ml

    純米酒「つつじ」 300ml

  • 森戸酒造 純米酒「りんご」 300ml

    純米酒「りんご」 300ml

  • 森戸酒造 十一正宗【さくら】原酒 720ml

    十一正宗【さくら】原酒 720ml

  • 森戸酒造 清酒 十一正宗 1800ml

    清酒 十一正宗 1800ml

  • 森戸酒造 純米大吟醸 尚仁沢 1800ml

    純米大吟醸 尚仁沢 1800ml

  • 森戸酒造 純米吟醸 NY 720ml

    純米吟醸 NY 720ml

オンラインショップをみる

蔵見学・アクセス

〒329-2512 栃木県矢板市東泉645

蔵見学

見学の30日前までに6名様以上(最大30名様まで)でご予約ください。当蔵の都合により見学を承れない場合もございますので予めご了承ください。

【売り場のご案内】
定番品をはじめ、酒蔵限定品などを販売しております。
周辺の観光情報などもぜひお尋ねください。
パンフレットなど取り揃えております。

森戸酒造 仕込み風景