港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~19:00(土曜日18:30)(日・祝日休)

球磨焼酎のご案内

球磨焼酎

球磨焼酎はジャパンクオリティと人吉球磨クオリティという土台の上に「日本で最も豊かな隠れ里人吉球磨」(司馬遼太郎)が生み出した焼酎です。

本格焼酎の源流でもある球磨焼酎は、500年の歴史で磨かれた伝統の技と進取の精神のもと開発された新技術により今や最高域の味と香りに達しました。

球磨焼酎の美味しさの秘密について小冊子『球磨焼酎 500年の伝統を誇る球磨焼酎の美味しさの秘密』をどうぞご覧下さい。

小冊子は以下よりご覧いただけます。

小冊子閲覧方法

  • 表紙は、右上か右下をクリック、タブレット・スマホの場合は、タップかページをめくるようにスワイプして下さい。
  • 中ページは、四隅いずれかをクリック、タブレット・スマホの場合は、タップかページをめくるようにスワイプして下さい。

球磨焼酎のご購入はこちら

丁稚頭の立山さんが「球磨焼酎案内人」認定試験に合格しました!

この度、当店の丁稚頭の立山さんが「球磨焼酎案内人」認定試験に見事合格しました!
球磨焼酎のことで気になることなどがございましたら、是非立山さんにお声がけください!

「球磨焼酎案内人」認定試験とは?

球磨焼酎酒造組合』が主催する、球磨焼酎の歴史・伝統・文化等の知識を深め、球磨焼酎の魅力を多くの方々へ伝える案内人を認定する試験です。試験は「球磨焼酎案内人養成講座」を受講してから受けることができます。試験に合格すると「認定証」と「認定カード」が発行されます。

ものがたり酒店 立山さん

「球磨焼酎案内人」認定書
「球磨焼酎案内人」認定カード

球磨焼酎ものがたり

球磨焼酎案内人の立山さんが、球磨焼酎の魅力を動画でご紹介しております。
是非ご覧ください。

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(1)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第1弾です。ぜひご覧ください!

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(2)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第2弾です。
    九州南部の熊本県にある人吉球磨地方は、500年前より米焼酎造りが盛んでした。
    1995年、世界貿易機関(WTO)より「球磨焼酎」として産地指定を受け、国際的にも希少な米焼酎ブランドとして認められます。
    そんな「球磨焼酎」の歴史と魅力を球磨焼酎案内人の立山さんが語ります。

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(3)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第3弾です。
    500年の伝統を持つお米の焼酎「球磨焼酎」の魅力を、球磨焼酎案内人の立山さんが語ります。

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(4)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第4弾です。
    今回は球磨川最上流の蔵元「大石酒造場」の紹介です。大自然の恩恵を最大限に受け、シェリー樽などで長期熟成させた至高の焼酎を紹介しております。

    今回紹介した商品

    • 大石 25%(特別限定酒 琥珀熟成)
    • 四季の彩り もも酒 12%
    • 四季の彩り 赤うめ酒 12%

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(5)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第5弾です。
    今回は球磨川最古の蔵元「松下醸造場」の紹介です。創業から200年の伝統を受け継ぎ、記録上では球磨焼酎の蔵としては最古の蔵元になります。先祖より大切に守り継がれてきた由緒ある井戸水とこだわりの地元のお米を使った米焼酎は必見です。

    今回紹介した商品

    • 焼酎25度 最古蔵 720ml

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(6)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第6弾です。
    今回は球磨郡湯前町の蔵元「林酒造場」の紹介です。江戸時代中期から続く蔵元で、歴史を感じさせる建物、周辺の環境はまさに生きている江戸時代の蔵元です。伝統的な製法である常圧蒸留で製法される至高の焼酎を紹介します!

    今回紹介した商品

    • 常圧 25% 極楽 長期貯蔵 720ml
    • 熊本城 35度 720ml

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(7)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第7弾です。
    今回は球磨郡湯前町の蔵元「豊永酒造」の紹介です。フランスのソムリエと豊永酒造の社長との商談がNHKの番組に取り上げられ、見事にフランスに輸出されました。他にも様々な変わった商品を紹介していきます。

    今回紹介した商品

    • 有機玄米 完がこい
    • 奥球磨 40度
    • 麦汁(ムギシル)
    • シナモン 梅酒
    • カルダモン・テイク7 25度

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(8)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第8弾です。
    今回は2020年7月の豪雨災害で球磨川が氾濫し、壊滅的な被害を受けた「大和一酒造元」の紹介です。被災から2年、ついに今年の7月より新ブランドの「球磨川」が発売されました。他にも温泉水を使った牛乳焼酎など個性的な焼酎もあわせて紹介を致します!

    今回紹介した商品

    • 球磨川 焼酎25度
    • 牧場の夢
    • 黄吟 大和一 25度

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(9)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第9弾です。
    今回は前回と同じく2020年7月の豪雨災害で球磨川が氾濫し壊滅的な被害を受けた「渕田酒造本店」の紹介です。
    100年以上の歴史を持ち流球磨川の最も下流の渓谷にある渕田酒造本店は2年前の豪雨水害で大きな被害を受けました。
    水害の被害から奇跡的に免れた球磨焼酎の「一勝地」で再起をかけます。

    今回紹介した商品

    • 一勝地

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(10)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第10弾です。
    今回は球磨郡多良木町の「抜群酒造」を取り上げます。熊本県南部に位置するこの町は、球磨盆地の一端にあり、司馬遼太郎に『日本でもっとも豊かな隠れ里』といわしめた地域です。
    麹にこだわった、こだわりの焼酎を紹介します。

    今回紹介した商品

    • 熟香抜群 25度

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(11)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第11弾です。
    今回は球磨郡多良木町の「木下醸造所」を取り上げます。熊本県の南部、球磨川の流れる人吉盆地、人吉市から約20キロほど東の多良木町。良質な米が収穫できる恵まれた環境下に木下醸造所はあります。手づくり麹・壺仕込み・常圧蒸留という旧来からの製法の米製焼酎を紹介します。

    今回紹介した商品

    • 文蔵
    • かやぶき文蔵
    • 梅酒 文蔵

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(12)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第12弾です。
    今回は球磨郡多良木町の「那須酒造場」を取り上げます。奥球磨、球磨川上流の南側に広がる穀倉平野部。近くにはこの地方独特の石倉があり、土地の豊かさを象徴するように佇んでいます。創業より一世紀以上造り続ける代表銘柄「球磨の泉」。地元の良質なお米と清らかな水を原料にし、きめ細かい麹をうみ出すもろ蓋麹法や深いコクを与えるかめ仕込み。長い年月をかけた長期貯蔵により、芳醇でかつ甘みやまろやかさを併せ持った球磨焼酎王道の味を磨き続けています。

    今回紹介した商品

    • 球磨の泉
    • 球磨の泉 原酒41度

    紹介した商品のご購入はこちら»

  • 球磨焼酎案内人の紹介する球磨焼酎ものがたり(13)

    ものがたり酒店の球磨焼酎案内人がお届けするムービー第13弾です。
    今回は球磨郡多良木町の房の露 株式會社を取り上げます。500年以上も前から、球磨地方の豊かな自然の中で大切に育まれたきた球磨焼酎。その流れを受け継ぎ、「最高品質の焼酎をお客様にお届けすること」を信念に、情熱を注いできた房の露 株式會社。ただ単に伝統を継承するのではなく、時代の変化に合わせて、その真髄を深化させていくことを目指してきました。例えば、職人の技、機械や設備、麹や酵母。それらの変化や進化に合わせて、伝統に伝統を重ねるように深化させていく。それが房の露が受け継いできた精神であり、房の露の風味となっているのです。

    今回紹介した商品

    • 蔵八
    • 房の露

    紹介した商品のご購入はこちら»