港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

正宗の由来

『正宗』、あなたはどのように読みますか?
また、正宗と日本酒(清酒)の関係をご存知ですか?
今日はそんなお話です。

いつもの参考図書からほぼ1ページ引用します。

【正宗の由来】

さまざまな酒銘のある中で「○○正宗」が目につきます。
ネットで調べると8つの県を除く全国に147銘柄もあります。

『正宗』多種ラベル
『正宗』多種ラベル

「正宗」の元祖は1625(寛永2)年に灘で酒造りを始め、1717(享保)年に創業した蔵元です。
その6代目当主の山邑太左衛門が1840(天保11)年に宮水を発見し、同じ頃に「正宗」を酒銘としました。

当時、灘では歌舞伎役者ゆかりの名を酒銘にすることが多く、太左衛門の蔵でも歌舞伎の名跡、坂東彦三郎の俳名から採った「薪水(しんすい)」を酒銘としていました。

名跡とは歌舞伎役者が舞台上で使う芸名で、代々受け継がれる名前です。
そして、名跡とは別に名乗るのが俳名で、必ずしも継承されません。

かねてから太左衛門は、愛酒家により訴える酒銘を思案していました。

あるとき、京都の寺を訪れた折に「臨済正宗」の経典を見てひらめいたというのが有力な説です。

太左衛門は清酒(セイシュ)に語感が似ていることから、経文通り正宗(セイシュウ)のつもりでしたが、江戸っ子はみな「マサムネ」と呼び習わしました。

そして灘の酒が「下り酒」として江戸で人気が上がったこともあって、「正宗」の名にあやかる蔵元が続出しました。

ところが、1884(明治17)年に商標条例が発令されると「正宗」と言う酒銘は懇願者多数で受理されず、普通名詞扱いとなってしまいました。

このため「正宗」の頭に○○を冠したものが商標になったのです。

丁稚の補足:
「正宗」の元祖となった蔵元は『櫻正宗』です。
現在の御当主は11代目の山邑太左衛門さんです。

写真は櫻正宗さんのHP、丁稚が撮影したもの、その他ネットより抽出、切り貼り加工させて頂きました。

学びの手引書

『日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技』

『日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技』
(和田 美代子著)

  • 発売日:2015年09月18日頃
  • 著者/編集:和田 美代子、高橋 俊成
  • レーベル:ブルーバックス
  • 出版社:講談社
  • 発行形態:新書
  • ページ数:320p
  • ISBN:9784062579353

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。