港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

春の酒(石鎚酒造)

石鎚酒造さんの『春の酒』をご紹介します。
過去の投稿でも書きましたが、丁稚の故郷(本籍県)の蔵元さんです。
ご愛顧賜りますようお願い申し上げます🙇。

  • 品名:石鎚 純米吟醸 春の酒
  • 原料米:しずく媛(自家培養酵母使用)
  • 精米歩合:50%
  • 日本酒度:+4
  • 酸度:1.6
  • アルコール度数:16〜17度

石鎚 純米吟醸 春の酒

しずく媛

丁稚の好きな酒米の一つ。県外の方には聞きなれない名前だと思います。

愛媛では昔から「松山三井(まつやまみい)」という県産米があります。
元々、食用米として開発されたのですが、なぜか酒造りに合うため準酒造好適米の扱いを受け、今でも盛んに使われています。

しかし、やはり、元々が食用米なので、収穫時期のずれや粒の大きさ等、酒造りに最適ではありませんでした。
満を持して、県の農業試験場が松山三井から開発したのがこの「しずく媛」なのです。

1999年に「松山三井」よりカルス培養を利用して変異個体を作出し、その後代から大粒系統を選抜して2007年に育成した愛媛県初の酒造好適米として作られたお米です。

特長は、松山三井に比べ『華やかな香りと旨み』が際立っています。

酒造好適米として、新潟の五百万石、長野の美山錦など有名ですが、元々は各県が独自開発したものでした。

石鎚酒造の歴史

創業は、大正9年(1920年)。越智恒次郎氏の手によって、愛媛県西条市氷見に蔵を構えました。
酒蔵の位置するこの地は、西日本最高峰『石鎚山』のふところで名水の町として呼び声の高い愛媛県西条市にあり、仕込み水にこの石鎚山系の清冽な水を使用、西条・周桑平野の穀倉地帯を控えており、酒造りに非常に適した気候、風土の中にあります。

何と蔵の敷地内に複数の井戸があり、石鎚山の伏流水が渾々と湧き出しています。

酒蔵の長として、酒造りを司る杜氏は、現在まで備中杜氏から越智杜氏・伊方社氏の流れで過去5名の杜氏によって『石鎚』は醸され、さまざまな酒が商品となって世に生み出されました。

平成の世となり、蔵元自らが酒を醸す事を決断、研鑽を積み重ね、更に素晴らしい酒を醸されています。

石鎚 純米吟醸 春の酒
石鎚 純米吟醸 春の酒

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。