港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

相良藩と米焼酎

「球磨焼酎蔵めぐり」と「日本遺産人吉・球磨満喫」ツアー 人吉駅前のからくり時計

球磨焼酎蔵巡りの旅はもう一つの集合場所「人吉駅前」で正式にスタートしました

我々が騒々しかったのか
”相良のお殿様が何事か
と城から顔を出されました。

「球磨焼酎蔵めぐり」と「日本遺産人吉・球磨満喫」ツアー 人吉駅前のからくり時計案内版

人吉は鎌倉時代から明治維新まで、約700年、相良家の統治が続きました。
司馬遼太郎は『街道をゆく』で人吉を「日本一豊かな隠れ里」と表現しており、米が年貢の時代にも人吉では米焼酎が500年歴史も造られ、飲み継がれてきました。

でも、焼酎一杯が大工の日当と同じというほど、庶民の口には入りにくい高級品でしたね。
(前回の投稿の復習)

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。