港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

燗酒のご紹介(東軍)

花春酒造 辛口純米

このお酒、冷酒から温燗まで全て美味しい万能選手。

そして、お手頃な価格は庶民の味方。
丁稚は基本1日二合までしか飲まない。
でもこの酒は時に沢山飲んでもお財布に優しい。

『体』も『心』も『財布』も暖まる 花春酒造さんありがとう。

  • 種別:純米酒
  • 原材料:国産米、国産米麹
  • 酒米原産地:福島県会津産
  • 精米歩合:75%
  • アルコール度数:15度以上16度未満

花春酒造 辛口純米

有機純米酒 天鷹

有機米の持つ米の力強い味わいと優しい酸味を感じる辛口の純米酒。

冷良し、燗良し。幅広い飲み方が楽しめます。
その中でも温燗をお勧めします。

  • 原材料:有機五百万石 有機あさひの夢
  • 精米歩合:68%
  • アルコール度数:15度

有機純米酒 天鷹

末廣 山廃 純米吟醸

酸味が特徴の山廃は、冷、常温、燗と温度帯により違った味わいのあるお酒です。

酸味と甘味の変化を楽しみましょう

  • アルコール度数:15.5度
  • 日本酒度:1.0
  • 酸度:1.4

末廣 山廃 純米吟醸

花春酒造さんについてもう少し

創業享保三年(1718年)「会津のよさは酒の良さ」を謳い、自然の恵み多き会津の米と清らかな水でお酒を造ってきた。
「香りやさしく、口当たりやわらか、きれいな味わい、のどごしの良さ」が特徴で身体のすみずみに心地よく響き、「飲むほど」「酔うほど」のどかな気分に誘われる。
どうぞ、良い酒を造り続けて行って下さい

花春さんは3年ほど前に、事業譲渡された。
幸楽苑の経営者で会津若松市出身の新井田氏ほか地元ゆかりの個人4人が株主になった。
工場の土地・建物や21人の従業員を承継し、事業は継続している。

天鷹酒造さんについてもう少し

こちらは創業1914年と酒蔵としては比較的新しい。
しかし、その企業理念はわかりやすく具体的だ。

以下、HPより全文を引用させて頂きました。

目指したのは、より安全で安心なお酒でしたが、有機への考えを深める中で、地域に対する想いが強くなりました。
有機日本酒造りを始まりに有機農業を拡大することは、環境負荷を低減するだけでなく、有機農産物や有機食品へと可能性を広げ、地域の元気、活性化につながると感じたのです。

天鷹酒造は、その中心となって永続的な事業のしくみをつくり、地域全体の価値を高めていきたいと考えている。
“有機”は一つの方法にすぎませんが、みんなが喜ぶ事業サイクルづくりに力を注いでいきます。

末廣さんについてもう少し

江戸年間の嘉永三年(1850)の創業。
明治末期に山廃造りを創始した嘉儀金一郎氏が、大正初期に試験醸造したのが末廣酒造の嘉永蔵。
その嘉永蔵には、酒の神様が棲み、会津杜氏の匠、蔵人の情熱が息づいている。

《追記》
『丁稚のつぶやき』をご愛読頂き、誠にありがとうございました。
年末年始は日本酒を飲む機会が多くなりますね。飲み過ぎにご注意下さい。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。
次の投稿は1/9を予定しております。

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。