港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

球磨焼酎

今日のお話は球磨焼酎に関すること。

  1. 焼酎の歴史と球磨焼酎について

    焼酎は16世紀の前半、球磨や薩摩で造りの歴史が始まったようです。

    1546年(室町時代の天文15年)
    ポルトガル商人がフランシスコ・ザビエルに報告「飲み物として、米から作るオラーカ(米焼酎)および身分の上下を問わず皆が飲むものがある」

    1559年 相良氏勢力下の郡山八幡神社(鹿児島県伊佐市)に最古の「焼酎」の文字のある記録があります。
    『施主がケチで、工事の間一度も焼酎を飲ませてくれなかった。なんとも迷惑である』という内容が書かれているそうです。

    球磨焼酎は熊本県球磨郡または人吉市の地下水で造られた、米100%原料の本格焼酎。米焼酎の伝統産地であることから、1995年に国税庁告示により、壱岐焼酎と共に地方名を冠することが認められた。

    もっと知りたい方は以下の球磨焼酎酒造組合のリンクへ

    http://jp.kumashochu.or.jp/page0100.html

  2. 全蔵物語

    写真の『全蔵物語』は球磨焼酎28全蔵の代表銘柄小瓶がワンセットになっています。入荷の度にほぼ即買となります。写真のもの、瓶の中身は空。中身は大旦那様が1人で試飲してしまった。

    全蔵物語

    箱も手作り、瓶詰も各蔵元が一本ずつ手作業。
    焼酎好きの方へ唯一無二のプレゼント🎁にどうぞ❣️

  3. 「熟香抜群」(丁稚の愛飲酒)

    「熟香抜群」
    丁稚愛用の備前焼ロックグラス

    球磨焼酎の一つですが、シェリー樽で15年間も寝かせた熟成酒です。正確に言うと、そのままでは、光度(色)が微妙に球磨焼酎の規格を外れるため、一年ものをブレンドし製品化している。蔵元さんへ見学に行った大旦那様がそう教えてくれた。

    丁稚が初めて飲んだ時の印象『あぁ全身に沁みわたる❣️』それ以来、食後酒・寝酒として愛飲酒となりました。

    (蛇足) 写真にロック用の酒器は丁稚お気に入りの備前焼でございます🙇

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。