港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

丁稚の日常酒

ある夜の修行。
酒屋に奉公を始めてからも、気楽に飲むのは「菊正宗しぼりたて銀パック」まぁ、夕食時のお水がわりです。
奉公の関係で、珍しいお酒を飲む修行中だが・・・今夜は肩の力を抜いて自然体で飲んでおります。

丁稚のつぶやき_vol5_菊正宗1
丁稚のつぶやき_vol5_菊正宗2
丁稚のつぶやき_vol5_菊正宗3
丁稚のつぶやき_vol5_菊正宗4

 

以下《菊正宗様HPより引用させていただきました》

辛口ひとすじ” 菊正宗酒造の創業は万治二年(1659年)、徳川4代将軍家綱の時代。嘉納家が本宅敷地内に酒蔵を建て、酒造業を本格的に開始しました。当時の灘地域は、まだまだ大きな銘醸地ではありませんでしたが、18世紀末になると、いわゆる江戸“下り酒(クダラナイという言葉の語源)”の人気が、灘の酒を急速に発展させました。

なかでも特に江戸っ子に愛されたのが、造った酒のほとんどを“下り酒”にしていた本嘉納家(本家という意味)の酒でした。ちなみに、嘉納の姓については、約600年前、御影沢の井の水で酒を造り、これを後醍醐天皇に献上したところ、ご嘉納になったので嘉納の姓を賜ったとのいい伝えがあります。 ※『嘉納』とは、「ほめ喜んで受け取ること」という意味です。

明治期に入り、8代目嘉納治郎右衞門(秋香翁)が、「どうしても良い酒を造る」という信念のもと、巨費を投じて酒質の向上改善に取り組み、業界に先駆けた技術改善などで、さらに品質を高め、今日の基礎を築きました。また、秋香翁は、私立灘高建学の祖(設立代表者)としても尽力しました。

この頃、「菊正宗」というブランドが登録商標されました。また明治から大正にかけては、海外輸出の拡大、宮内省御用達拝命など後年の発展の基盤を準備した時代だったと言えるでしょう。

昭和の混乱期にも、困難のなかで品質の保持につとめたことは、昭和24年に業界新聞が行った6大都市での世論調査でも明らかです。それは「売りたい酒」「品質のよい酒」に対する調査ですが、菊正宗はいずれも3都市でトップ、総合でもトップの座を得ていることからも、酒販店も認める品質と人気の高さがうかがえます。

このようにプロが認める菊正宗の品質とはいったい何なのか。その答えのひとつに「辛口ひとすじ」ということが挙げられます。

辛口の酒を造りつづけることに誇りを持った杜氏が、江戸時代より守りつづけた「生酛造り」で醸した日本酒は、飲み飽きしない辛口のお酒であります。

この「辛口ひとすじ」の姿勢を菊正宗は今後も大切にしたいと存じます。

(蛇足) 写真の酒盃・食器は丁稚の故郷愛媛の砥部焼きでございます🙇

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。