港区芝で日本酒と焼酎の販売、お酒と一緒に雑貨や本を売っています。

電話番号:03-3451-6421

営業時間:11:00~20:00(土曜日18:00)(日・祝日休)

ご挨拶 及び 初投稿「会津流(あいづながれ)」の研究❣

本コラムの筆者「ものがたり酒店」の丁稚でございます。
「丁稚」とは言え40年余の社会人経験を経て、昨年めでたく前期高齢者の仲間入りを果たしました。今更、偉くなるのは御免と「永世丁稚」を自認しております。

この度、大旦那の厳命により「丁稚のつぶやき」を担当することとなりました。どうぞよろしくお願い致します。

投稿は週一回、お酒に関する諸々のこと、時にお知らせや、宣伝もさせて頂きますが、どうぞお付き合い下さい。
なお、店頭にも週一で立っております。もし私を見かけたら、励ましのお言葉を賜れば幸いです。

会津流

さて、写真の通り丁稚は自宅でもお酒の研究に勤しんでおります。そう、好きなお酒のためなら修行一筋️なんですよ!
さて本題、本日の研究対象は、『会津流(あいづながれ)』です。

「洗練」というより「素朴」な味ですかねぇ。
漫画「美味しんぼ」でチーズに合う日本酒として紹介されたこともあるようです。
「京の華」は山形県庄内の工藤吉兵衛氏が交配育成した酒造好適米。1983年に福島県で復活した。晩生、極長稈で耐倒伏性は弱い。大粒で心白発現率が高い。

酒米: 「京の華」(契約栽培)
蔵元/県: 辰泉酒造(福島県)
精米歩合: 60%
甘辛: やや辛口
千粒重: 25.1g
育成年: 1931年
育成者: 工藤吉兵衛(山形県)

京は工藤氏が居住していた西田川郡京田村の「京」の字をあてたもの。
副島顕子著 「酒米ハンドブック」より引用させていただきました。

辰泉酒造(福島県)辰泉酒造(福島県) 代表社員 新城壮一氏

辰泉酒造(福島県)辰泉酒造(福島県)

丁稚さん 丁稚さんのインスタグラムへ

『丁稚のつぶやき』を担当しております「ものがたり酒店」のMYです。
週1ペースでお店に出没しています。

仕事は力仕事注1頭脳労働注2接客注3です。

注1腰痛が悪化しない程度に
注2お酒を飲みながら在宅で
注3積極的に試飲にお付き合い

なお、MYは「永世丁稚」の称号を大旦那様より賜った筈だ⁉と主張していることを申し添えます。